古美術の里 日記 

古美術の里 日記 

栃木県足利市の骨董・古美術のお店、「古美術の里」のスタッフ・ブログです

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

懐かしの昭和を訪ねて

まずはこの写真をご覧ください。
fly catcher
これが一体何であるかをご存じか否かであなたの年代がわかっちゃいますw  写真にあるように、昭和初期から昭和30年代頃まで一般のご家庭で使われていたものなんですが・・・

正解は最後の方で発表します。

栃木県は下都賀郡壬生町の南犬飼地区公民館分館にて開催中の『なつかしのミニ昭和展』へお邪魔してきました。

懐かしい昭和の家電から玩具、文房具から漫画雑誌、台所用品まで幅広く展示されてます。 今回は昭和40年代生まれの
筆者のハートを鷲掴みにした数点をご紹介します。

最初に目に入ったのは子供の頃良く遊んだ玩具の数々。 おはじき、ベーゴマにメンコ、なつかしい! メンコの図柄を見ると私の世代よりもちょっと前のスター(大川橋蔵)やらテレビアニメ(8マン)が描かれていますが、実は私が子供の頃もメンコのデザインって割と古いものが多かったのです。 笛吹童子やら鉄人28号のメンコで遊んでたのを覚えています。
玩具


そしてこれ! 三ツ矢サイダーの景品として配られていた「ドレミファグラス」なる品なんですが、覚えてる方いらっしゃるでしょうか。 1ケースに1セット(2個)だったと思います。 中に入れる水の量を加減することで、箸で軽く叩いたり指で弾いたりすると違った音階のきれいな音が出るんです。 ガラスの厚さが異なる2個のグラスがセットになってまして、厚い方が「ド・レ・ミ・ファ」、薄い方が「ソ・ラ・シ・ド」の音を出せるようになっているのです。 音階ごとに並べて下のドから上のドまで鳴らすには4セット必要になるんですが・・・ これ、私持ってましたw  ま、ガラスなので堅い物で叩いたら割れますから、今では危険!と言うことでNGでしょうね、この景品。 
ドレミファグラス

さて、今回の昭和展、私が一番楽しみにしてたのはこちら! 懐かしのアナログ・レコードです。 写真の他にもたくさんレコード盤が揃っていまして、オマケに何と!! 試聴できるんです。
image (9)

「インドの山奥で~♪」 でお馴染のレインボーマンの主題歌。 子供の頃によくこの歌の替え歌を歌っていたものです(遠い目・・・)。 「インドの山奥でっぱのはげあたま♪(以下略)」
image (11)

こちらも昭和歌謡ファンには堪らない一枚。 「Yuki」なる歌手の歌う「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」という曲なんですが、
これは「おくさまは18歳」などで人気を博した岡崎友紀が変名で発表したもの。 加藤和彦のペンによるフィル・スペクター風のちょっぴりレトロなポップスなのです。 いやぁ~、名曲! 
image (10)

そして最後の〆はマヒナスターズのこれ!
image (13)

試聴可能な昭和のレコードがこの他にもたくさんありました。


最後にご紹介するのはこの「スタイル」と言う雑誌。 1936年に小説家・エッセイスト 宇野千代によって創刊された女性向けのファッション・娯楽誌なんですが、この雑誌で読者からの相談に答えるコラムを連載していたのが・・・
image (40)

NHKの朝の連続ドラマ「花子とアン」の主人公、村岡花子だったのです。 
image (37)

記念すべき連載第一回のこの号で花子が答えているのは、東京在住のOL「ふみ」さんからのご相談・・・
image (36)
『私は一昨年高女卒業の二十一歳になる女性でございます。戦時中から引きつづきつとめて居ります。 が、同じ職場に居りますと(Y高商卒二十六歳)親しい仲となりました。けれど私の仲のよい女学校からの友達さんも彼に戀情をよせてゐることを知りました彼はさんにも私にも同じやうに交際をしてをります。 ところが最近は私に結婚を迫りました。 私はが好きです。けれど、親友の彼に対する戀情を見捨てゝ結婚してよいものか、返事をしかねて居ります。を得ればとの間にわだかまりが出来ますし、と美しい友情を保とうとすればをどうすればいゝのでせう。 先生、私の取る道をお教へ下さいませ。』

親友と一人の男を取り合って・・・ ま、ここでは仲のいい友達・親友なんて書いてますが、この「ふみ」さん、そんなに困ってなさそう・・・というのが筆者の印象です。 二股かけられててうざかったけど、最終的に彼が選んだのはわたし!勝ったのはわたし! ってことなのではないのでせうかw

さて、花子先生はふみさんにどんなアドバイスをしたんでしょうねぇ。 気になるあなた、是非 南犬飼地区公民館分館でご自分の目でご確認ください!

「なつかしのミニ昭和展」は今月30日まで開催されてます。 月曜日と祝日は休館、火曜日は午後からの開館です。 開館時間は朝の9時から夕方の5時まで。 最終日(30日)は午後4時で閉館です。

詳しくは壬生町南犬飼地区公民館分館内まちかど文庫(電話:0282-86-4401)まで。 

壬生町南犬飼地区公民館分館
栃木県下都賀郡壬生町安塚1179−3


あ、冒頭の写真の例のガラス製の物体、正解は「ハエ取り器」でしたー! 中に水を入れて、真中にハエが好きそうな食べ物などを置きます。 すると、食べ物に誘われて入って来たハエが出られなくなって水に落ちてしまう・・・ という仕掛けです。

-K.O.

img035.jpg

スポンサーサイト

 
 
Comments

 
 
Trackbacks
管理人の承認後に表示されます
 
<-   11 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
☆お知らせ☆
古美術の里NEWS

★☆みなさんの疑問・質問、募集中!☆★

古美術・骨董に関する素朴な疑問・質問、下のメール・フォームから是非お寄せ下さい。

店主がこのブログでお答えします!


-- E N D --
スタッフへのメールはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者数
「古美術の里」はこんなお店です

古美術の里

Author:古美術の里
栃木県足利市にある古美術・骨董品中心のお店です。 

古い美術品は勿論、現代作家による作品や古民具、「使える」骨董などなど、お手頃な品も数々取り揃えておりますのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。

世界一の大藤の木で有名な「あしかがフラワーパーク」から徒歩3分、世界有数の伊万里・鍋島焼のコレクションで知られる「栗田美術館」のすぐお隣です。

古美術の里

栃木県足利市駒場町891-1

電話 (0284)91-1212






Yahoo!オークション

インターネット・オークションにも出品しております。

こちらから出品商品一覧ページをご覧ください。

スタッフのおススメ!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。